長期優良住宅計画の認定10月は7274戸


 国土交通省が17日まとめた10月の長期優良住宅建築等計画の認定状況は、戸建てで7250戸、共同住宅等24戸で総戸数では7274戸だった。

 戸建住宅は前月よりては前月に比べ1461戸増加し、今年6月の制度開始以来最も多いのに対し、共同住宅等は併用住宅など小規模案件が中心で24戸と低迷した。

 6月からの累計では、戸建て2万4401戸、共同住宅等280戸で、総戸数2万4681戸となった。


公開日: 2009年11月17日