大京/太陽光発電導入の分譲マンションを事業化


 大京は、太陽光発電を導入した分譲マンションを事業化する。設置する太陽光発電システムを電力供給事業者(ESP)が運営・管理し、自動検針・通信機能付き積算メーターを連携させて発電した電力をマンション内の各住戸の専有部分に分配する。平均的な電力使用量の場合で、各住戸の電気料金を25%程度低減できるとしている。また、電気使用量が少ない住戸で余剰電力が発生した際には、共用部分へ分配することもできる見通し。

 従来、集合住宅に導入した太陽光発電システムの多くは、発電電力の供給が廊下の照明など共用部に限定され、導入効果が高くなかったが、今回の事業化はそれを克服する格好で注目される。経済産業省・資源エネルギー庁の「新エネルギー等事業者支援対策事業」の補助対象に決定したことも受け、今後、具体的な事業化に向けて検証を進め、普及への各種取り組みを積極的に展開する方針。


公開日: 2009年11月26日