3月の中古マンション成約、東日本大震災で前年から2割減に


 東日本不動産流通機構が発表した3月の中古マンション成約件数は、前年同月比19・2%減の2495件だった。すべての都件で2けたの減少率、千葉県の減少率は3割を超えるなど、東日本大震災の影響で成約件数が大幅に減った。

 都県別では、東京都が前年同月比17・4%減の1148件、埼玉県が同17・2%減の338件、千葉県が同31・7%減の302件、神奈川県が同16・6%減の707件。液状化による被害があった千葉市では同51・3%減の73件と半減した。


公開日: 2011年4月12日