シンガポールの大手2社と住宅中心の開発事業/積水ハウス


 積水ハウスは、シンガポールの大手デベロッパー2社と共同で、同国中心部のホウガンとプンゴルの2カ所で、合わせて1380戸のマンションと大型商業施設を開発するプロジェクトに乗り出す。積水ハウスがシンガポールに進出するのは初めて。

 提携するのは不動産・ホテル開発のファーイースト・オーガナイゼーションと、シンガポール大手の飲料会社フレイザー・アンド・ニーブの不動産開発部門フレイザーズ・センターポイント・リミテッド。

 シンガポール中心部から約12キロメートルのホウガンでは約102億円を投じて1・3ヘクタールの土地を取得し、マンション480戸を開発。約16キロメートルのプンゴルでは約660億円で取得する3ヘクタールの土地にマンション900戸と延べ3・8ヘクタールの商業施設を開発する。積水ハウスの出資比率はそれぞれ25%と33%。

 ともに自然との共生や環境に配慮した開発を行い、4年後の完成を目指すとしている。


公開日: 2011年4月25日