大京グループ/リフォーム強化でショールームオープン


 大京グループがリフォーム事業を強化する。子会社でリフォーム・インテリア事業を手掛ける大京エル・デザインが9月18日から、本社1階にショールーム「aratana(アラタナ)」をオープンする。リフォームを検討する顧客から実物を見たいという要望に応える。

 独自開発した住宅設備を中心に展示し、「L’s KITCHEN」「Ki-Lei-DRESSER」「マルチエントローク」「ランドリーキューブ」を実際に体験できる。照明も食事やくつろぎといったシーン別に明るさなど雰囲気を実際にコントロールできる。展示にとどまらない、来場者にリフォームの提案を通じて実際の生活をイメージできるようにするのがコンセプト。

 同グループのリフォーム部門の売り上げは今期30億円超が見込まれ、来期以降40億~50億円を目指す。5500億円と言われるマンションリフォーム市場においてグループが抱えている潜在市場は340億円といい、現状、10%にとどまるシェアの拡大を図るのが狙い。

 大手デベロッパーでこうしたショールームを展開するのは初めて。


公開日: 2011年9月16日