三菱地所レジ/広島圏内にザ・パークハウス第2弾投入


 三菱地所レジデンスは、広島市に分譲マンション「ザ・パークハウス舟入川口」(総戸数48戸)を供給する。ザ・パークハウスのブランドとして広島圏内に供給する第2弾。10月下旬にモデルルームをモープンする。

 同物件は、広島電鉄江波線の「舟入川口町」電停から徒歩5分、広電バス「舟入川口町」バス停徒歩5分に建設する。広島のビジネス中心地まで電車で18分の立地で、公園まで徒歩1分の住環境。

 規模は地上13階建て。住戸プランは全戸南向きで、間取りが3LDKと4LDK(68~82平方メートル)になる。リバーサイドを望む配棟を生かし、間口の広いリビングプランを提案する。来年7月上旬に竣工する。

 同社では、今年2月末から「ザ・パークハウス上幟」(同26戸)と「ザ・パークハウス府中南」(同103戸)を同ブランド初弾として相次いで販売。上幟の物件は、広島駅徒歩6分のほか、自然環境が充実していることや美術館が徒歩圏内にあるなど住環境に対する評価が高く、今月中の竣工目前ですでに24戸と竣工完売の勢い。全戸角住戸でオール電化なども評価ポイントという。販売価格は3228万~7558万円で、中心が3200万円台だった。

 府中南の物件は販売72戸に対し54戸が契約済み。同社は、向洋駅徒歩12分の立地で、広島駅まで2駅6分の交通アクセスと、小学校が近く公園も多いことから子育て向けをPRする。契約者は地元需要が中心で、年齢別では30代が半数超を占めている。価格は1958万~3558万円で、中心が2400万円台だった。11月中旬竣工予定。


公開日: 2011年9月20日