S&P/野村不動産オフィスファンドを1段格下げ


 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は9月21日、野村不動産オフィスファンド投資法人の長期会社格付けを「A-」に、短期会社格付けを「A-2」に、それぞれ1段階ずつ引き下げた。債務格付けも長期・短期ともにそれぞれ1段階引き下げた。長期会社格付けに対するアウトルックは「安定的」とした。


公開日: 2011年9月21日