三井不動産/三井造船本社跡地開発のビルがほぼ満室稼働


 三井不動産は、東京・築地の「浜離宮三井ビルディング」が先月竣工し、12月5日に稼働を始めたと発表した。三井造船旧本社ビル跡地に三井造船と開発したもので、地上13階、地下1階建て延べ床面積約3万1639平方メートル。10~13階までの4フロアと地下の一部を三井造船が本社として使い、3~9階と1階の一部を三井不が賃貸オフィスと店舗として運用する。素材・資材を扱う日本バイリーンや下着メーカーのトリンプ・インターナショナル・ジャパンなどが本社として利用するなどほぼ満室稼働となった。2階には約250人対応の貸し会議室「浜離宮ガーデンカンファレンス」を併設した。交通は地下鉄の築地市場駅で徒歩5分。


公開日: 2011年12月5日