三菱地所/新宿に大規模賃貸761戸、展望プールやバーを併設


 三菱地所の全額出資SPCが新宿六丁目で開発を進めていた大規模賃貸マンション「パークハビオ新宿イーストサイドタワー」(総戸数761戸)が竣工した。都内最大級の賃貸マンションで同シリーズのフラッグシップと位置付ける。同物件の完成により、シリーズ供給戸数は2167戸となった。年明け6日から入居者募集を開始する。地上32階、地下1階建てのタワー棟を中心に地上4階のアネックス棟、地上1階のゲート棟で構成した。

 住戸プランはスタジオタイプや1LDK、2LDKの間取りで全92タイプをそろえた。専有面積は37~124平方メートル。タワー棟18階以下にミストサウナを標準装備したほか、家具付住戸を99戸そろえた。月額賃料は16万7000円~88万9000円で、最多賃料帯は20万円台で284戸になる。10万円台~30万円台で全体の8割を占める。管理費と共益費を含めた賃料。入居者は2年更新、敷金は2カ月。会社経営者や医者、外国人などでシングルとディンクス層をターゲットにしており、2013年3月末をめどにフル稼働を目指す。

 居住者専用の共用施設を充実させた。賃貸マンションでは日本で初めて展望プールを設けた。32階から新宿副都心を見下ろすことができる。同じ階にはバーラウンジも備えてホテルのバーより格安でお酒を提供する。31階にラウンジより直結した野外テラスでは飲食が可能で、ケータリングサービスも提供する。ジムやシミュレーションゴルフもできる。ゲストルームは1泊3万5000円。ほかにコンシェルジュを配置したり、月極駐車場を利用する人すべてにスタッフが車の入出行うバレーサービスを提供する。


公開日: 2011年12月16日