建物知識向上へ新研修スタート/大京リアルド


 大京リアルド(東京都渋谷区、栗原清社長)は、中古マンションの提案力強化に向け、売買営業向けに新しい研修をスタートした。

 グループ内から建物に詳しい専門家を招き、建物や設備に関する情報やマンションの管理状況について知識を習得するとともに、わかりやすい物件資料の作成方法や説明方法を身に付ける。

 実際に中古マンションを見学し、講義で学んだ内容をもとに営業のロールプレイングを行うなど、新築マンションで培ったノウハウを中古物件にも活用することで営業のレベルアップを目指す。

 併せて、顧客アンケートに基づく評価制度も導入した。成約した顧客から、営業社員のマナーや説明内容についてアンケートを回収し、評価が優れている担当者を年2回表彰する。

 従来からの評価指標である営業成績だけではなく、顧客からの声を評価に反映することで顧客満足度の向上を目指す。


公開日: 2011年12月26日