全住協が台風被害の伊豆大島、フィリピンに義援金


 全国住宅産業協会(神山和郎会長)は、台風26号による被害を受けた伊豆大島と、台風30号によるフィリピンの被災地に、日本赤十字社を通じて義援金を贈った。協会の災害支援規定に基づくもの。金額は、それぞれ100万円。


公開日: 2013年12月11日