大手町連鎖型都市再生プロジェクト第3次事業に着工/三菱地所


 三菱地所は2日、「大手町連鎖型都市再生プロジェクト第3次事業」に着工した。16年4月の竣工を予定している。

 大手町エリア最大級となる1フロア1270坪(貸室面積)の無柱空間貸室面積を持つ事務所棟(31階建て地下4階建て)と、18階地下3階建ての宿泊施設棟の2棟構成。国際競争力強化のためのビジネス支援施設の整備と、電力と水供給の自立度を高めて3・11以降にニーズの高まったBCPに対応する。

 日本へ進出する海外企業の活動を支援する仮称・海外企業等支援センターを設けるほか、宿泊施設棟には、世界に向けて日本文化の魅力を発信する星野リゾートが最高級ブランドの「星のや」が、同社初の都市型施設として進出する。


公開日: 2014年4月2日