アパマンショップホールディングス 中期計画で内製化進める


 アパマンショップホールディングスは、半年以内をめどに中期計画策定を進めている。
 主な内容として、家賃保証会社の設立やコールセンター、清掃、ビルメンテナンスなどの外注していたサービスの内製化を進め、コスト削減とサービス向上を図る。
 すでに一部で内製化を進めており、北九州市にスタッフ16人の直営コールセンターを設置。全国対応するためには300人が必要で、すべてを内製化すると約5億円のコスト削減効果を見込む。


公開日: 2014年5月13日