社宅管理代行事業を新会社に移管/長谷工グループ


 長谷工グループは7月1日、長谷工ライブネットの社宅管理代行事業を分割し、今年1月に設立した長谷工ビジネスプロクシーに事業承継する。

 社宅管理代行事業を独立した収益事業に位置付け、マーケットの変化に柔軟に対応する事業運営と競争力強化が目的。長谷工ビジネスプロクシーは、関西支店を設置するなど体制を充実する。

 長谷工ライブネットは1995年に社宅管理代行事業に参入。首都圏と近畿圏の大手企業230社から受託。3月末時点の実績は4万2542戸。


公開日: 2014年6月27日