ペット共生住宅のプロを育成する「犬と住まいる協会」が設立


ペットと住まい産業の創造、拡大を目的に、不動産業者やインテリア・エクステリア企業、ペット関連企業を会員とする「犬と住まいる協会」が設立した。ユニマットグループのユニマットリックが支援母体となり、理事長には、ペットマーケットコンサルティングを手がけるペイク社長の野中英樹氏が就任。建築士や造園施工業者、ペット関連業者など7人が理事を務める。


公開日: 2014年7月3日