日本不動産研究所/東京23区マンション予測、価格・賃料とも上昇


 日本不動産研究所は15日、東京23区のマンションの価格と賃料を2020年までの中期予測としてまとめた。価格は、アベノミクスと消費増税前の駆け込み需要の影響によって13年に4%程度上昇したが、14年はその反動で2%弱下落する。消費税率10%を控える15年は1%弱の上昇に転じ、16年も以降も緩やかな上昇で推移するとした。賃料は12年に大きく落ち込んだ反動と景気回復期待で14年に大きく上昇し、15年には3%弱、16年に2%弱それぞれ上昇する見通し。17年以降は、価格・賃料とも緩やかな上昇曲線で推移し、20年は価格が1平方㍍当たり80万円を超え、賃料が20年は08年の水準(3650円/㎡)に近づくとした。新築で専有面積40~80平方㍍の標準タイプを想定して予測を立てた。


公開日: 2014年7月16日