宅建試験申し込み1.6%増の23.8万人、講習修了者は6.7%増/不動産適正取引推進機構


 不動産適正取引推進機構は、10月19日に実施する2014年度宅地建物取引主任者試験の申込状況(速報値)を発表した。
 申込者数は、前年度比1.6%増の23万8242人だった。一般申込者が前年度比0.4%増の19万3563人、講習修了者は同6.7%増の4万4679人となった。
 都道府県別では、受験者数が最も多い東京で前年を上回ったほか、静岡、愛知、京都、大阪などが増加した。
 宮城も4・1%、福島は3・3%と増えており、復興に伴う住宅・土地需要の増加が影響している可能性もある。


公開日: 2014年8月8日