4~6実質GDP7・1%減で下方修正、住宅投資も減少/内閣府


 内閣府が8日に発表した4~6月期の国内総生産(GDP)2次速報によると、物価の動きを除く実質成長率は前期比(1~3月期)0・1ポイント低下の1・8%減少。年率換算では同0・3ポイント低下して7・1%に減少し、8月発表の1次速報から下方修正した。消費の落ち込みを反映した結果となった。 内閣府によると、民間企業の設備投資が下方修正され、1次速報で同2・6ポイント低下の5・1%減少と大きく下ぶれしたことなどが影響したという。運輸や郵便業、金融・保険業における設備投資の減少が背景にあるようだ。
 個人消費でも同0・1ポイント低下の5・1%減少と下方修正した。住宅投資が同0・1ポイント低下の10・4%減少、衣服や自動車も軒並み販売が低調だった。
 物価の動きを表す名目GDPは同0・1ポイント低下の0・2%減少、年率換算だと同0・3ポイント低下の0・7%減少だった。


公開日: 2014年9月9日