不動産価格指数、マンションで18カ月連続プラス/国交省


 国土交通省がまとめた6月の不動産価格指数(住宅)によると、2008年度平均を100とした住宅総合指数(全国)は前年同月比1・8ポイント低下して90・6で10カ月連続して前年割れした。一方、全国のマンション指数は同4・8ポイント上昇の116・2で18カ月連続でプラス、7カ月連続で110ポイントを上回った。


公開日: 2014年9月29日