太田国交相、リニア新幹線で品川―名古屋間の着工を認可/国交省


 太田昭宏国土交通相は17日、JR東海が2027年の開業をめどにしている品川―名古屋間の中央新幹線工事実施計画を認可した。環境影響評価書を同社が4月に提出してから半年で認可に至った。総工事費は約5兆5000億円で、最高速度505㌔で走行して同区間を40分程度で結ぶ。
計画区間約285・6㌔のうちトンネル工事が約9割を占める。大阪までの全線開業は45年の予定で、その場合の総工費は9兆円にのぼる見通し。


公開日: 2014年10月17日