10月住宅着工、下げ止まりの兆し、大規模マンション着工相次ぐ/国交省


 国土交通省が発表した10月新設住宅着工戸数は、前年同月比12・3%減の7万9171戸で8カ月連続で減少した。ただし季節調整年率換算値では前月比2・7%増と3カ月連続で増えて緩やかな回復傾向を示しており、下げ止まりの兆しも見られている。
 利用別は持家が同28・6%減の2万4245戸で9カ月連続の減少。貸家が同4・1%減の3万3628戸で4カ月連続で減少した。貸家は減少が続くものの、相続税対策など資産運用ニーズを背景に着工数は堅調に推移している。
 分譲住宅は同1・6%増の2万820戸で9カ月ぶりに増加に転じた。このうちマンションは同23・3%増の1万495戸と9カ月ぶりの増加。2万平方㍍・100戸以上の大規模物件の着工増加が起因している。戸建ては同13・8%減の1万146戸で6カ月連続で減少した。


公開日: 2014年11月28日