三井不リアル/大宮駅前に防災用品備えた駐車場オープン


 三井不動産リアルティは1日、JR大宮駅西口に時間貸し駐車場「三井のリパーク」(86台収容)を開設した。災害や停電の際に役立つ防災用品と非常用電源を備えた「ソーラーLED街路灯」も備えた。同街路灯の設置は、今年3月にオープンした武蔵浦和駅前に続く2弾目となり、防災用品を備えた駐車場はリパークで初めて。

 ソーラーLEDは、日照時に太陽光発電を行い蓄電した電力で夜間にLED照明を点灯する。2口の非常用コンセントを装備していることで、携帯電話やラジオなどの充電に対応できる。防災品は、足元部分のキャビネット内に救急用品や手回し充電ライト付きラジオ、アルミブランケット、防災用トイレを備えている。

 場所は、さいたま都市計画事業大宮駅西口第四土地区画整理事業4街区。


公開日: 2014年12月3日