リクルート調査/リフォーム水回り中心もマンション内装、戸建て外観重視


 リクルート住まいカンパニーは1日、「2014年リフォーム実施者調査」をまとめた。300万円以上の住宅リフォームをした人を対象に調べたところ、リフォームのきっかけは「住宅設備が古くなった・壊れた」(40.6%)、「家が古くなった」(33.4%)、「設備の使い勝手に不満がある」(27.9%)だった。マンション・戸建ての種別で見ても、マンションで設備の使い勝っての不満が2位に上がっているものの、上位3つの理由は同じ。

 4位以下を見ると、マンションでは「中古住宅を購入した・する予定」(19.1%)、「間取りに不満がある」と「収納スペースの確保」がともに17.6%と続いた。戸建ては、「外観の見栄えが悪くなった」(19.5%)、「建て替えをするより費用が少ない」(11.9%)が上位5位に上がった。

 リフォームを施した箇所は、全体で見ると、「キッチン」(58.5%)、「浴室」(57.1%)、「トイレ」(56.5%)、「洗面室」(56.3%)と水回りが上位4つの理由だった。種別では、マンショで「リビング」(5位=73.3%)や「ダイニング」(6位=54.2%)、「寝室」(7位=53.4%)と内装・間取りに関するものが上位に入り、戸建ては、「外壁」(3位=50.7%)、「屋根」(6位=42.3%)と外観関連が上位となったのが特徴となった。


公開日: 2014年12月3日