センチュリー21/接客グランプリ火蓋切る、加盟70社・110人の営業マン参加


 センチュリー21・ジャパンはこのほど、11月17日に「センチュリー21第1回接客グランプリ」が開幕したと発表した。ロールプレーを通じて店頭での接客対応力の向上を目指すのが狙い。参加する営業スタッフは、営業能力にとどまらず、マナーや言葉使いといった能力を総合的に採点され順位を決める。

 大会は、加盟店が構成する7つの地域連絡会ごとに地区予選を行ったあとに、東日本と西日本の両地域で東西代表決定戦を実施する。売買営業部門と賃貸営業部門から東西代表を4人ずつ選出し、来年2月に決勝戦(日時未定)を東京本社で実施する。優勝者は、来年2月17日に開催するジャパンコンベンションで表彰する予定。

 地区予選には、加盟店から70社・110人の営業社員が参加する予定で、すでに先月17日に神奈川県地域連絡会の予選会を行った。東西代表決定戦は、東日本が1月20日、西日本が同22日にそれぞれ行う。


公開日: 2014年12月10日