日本土地建物と野村不動産は共同でオフィスビル「PMO」を開発


 日本土地建物と野村不動産は共同で、オフィスビル開発に着手した。

 日本土地建物と事業統合した日新建物が建て替えを検討していた小伝馬町ビルを、野村不動産がシリーズ展開する中規模高グレードオフィスビル「仮称・PMO日本橋江戸通り」として開発する。141坪だった敷地は、隣地も購入して302坪に拡大した。

 地上9階地下1階建て延べ7349平方メートル。テナント用非常用発電機スペースを確保、建築基準法基準の1・5倍の強度を持つⅠ類構造帯としてBCPに配慮。LED照明を採用するなど環境にも配慮する。


公開日: 2015年1月6日