15年度の住宅着工数は92万8000戸を予測/建設経済研究所


 建設経済研究所は9日、2014年と15年度の住宅着工戸数見通しを公表した。消費増税駆け込み反動減や建築コスト上昇を背景に14年度は前年度比10・5%減の88万4000戸と予測した。これに対し15年度は、消費再増税を延期したほか贈与非課税枠の拡充など政府が打ち出した住宅取得支援策によって持ち直しの動きが見られるとして、同5・1%増の92万8000戸になると推計した。


公開日: 2015年2月12日