業況調査、分譲やビル賃貸業でプラス水準、流通業はマイナス/土地総合研究所


 土地総合研究所は18日、不動産業の業況調査結果を公表した。1月1日現在の経営状況と3カ月後の見通しについて指数化したもので、指数ゼロが良い悪いの判断の分かれ目となる。住宅・宅地分譲業は、2014年10月の前回調査時点から2・1ポイント悪化したものの4・0で8期続いてプラスの水準を維持した。ビル賃貸業も同3・7ポイント悪化したが6・3ポイントで3期連続のプラス水準を保った。これに対し不動産流通業は同2・3ポイント悪化してマイナス9・1ポイントと2期続いて落ち込んでいる。


公開日: 2015年2月18日