大和ハウス、中部初の戸建て住宅間で電力融通する街開発


 大和ハウス工業は19日、中部圏初となる戸建住宅間で電力融通するスマートタウン「(仮称)スマ・エコタウン豊田柿本」(愛知県豊田市)を開発すると発表した。環境モデル都市認定を受けた豊田市の市有地活用コンペで当選し、戸建て21棟と2棟・27戸の賃貸住宅で構成する。

 全ての住宅に太陽光発電システムとリチウムイオン電池を組み合わせたハイブリッドシステムを採用する。


公開日: 2015年3月24日