東急リバブル/物件の地図情報の多言語化を開始


 東急リバブルは3月31日、海外投資家の利便性を高めるため、多言語に対応する「地図画像取得ツール」を開発して運用を始めた。これまで海外投資家に物件を紹介する際は、担当者ごとに仕様の異なる地図画像を使い、なかには日本語表記の地図画像をそのまま利用しているケースもあったが、同システム開発に伴い英語、韓国語、中国語(繁体字・簡体字)に対応する。地図情報は、詳細なものから広域までをさまざまな縮尺タイプの画像をまとめて取得でき、画像サイズも6種類から選択できる。


公開日: 2015年3月31日