政府、民法改正を閣議決定


 政府は31日の閣議で、債券に関する民法改正案を決定した。

 成立すれば約120年ぶりの抜本改正となり、賃貸借契約の敷金について初めて規定するなど、不動産業者の業務にも影響を与える内容となっている。

 今国会での成立を目指す。


公開日: 2015年3月31日