SBIモーゲージ/MBOで5月 独立、新社名「ARUHI」でローン実行額トップ目指す


 SBIモーゲージは、MBO(経営陣による買収)によるスピンオフでグループから独立する。5月1日に社名を「ARUHI(アルヒ)」に変更して体制も新たに住宅ローン事業を展開する。国内住宅ローン市場が成熟段階にあることを踏まえ、「金融業から住生活プロデュース業へ」をコンセプトにした新事業戦略により、現状10位に甘んじている住宅ローン実行金額でメガバンクをしのぐ全国トップを目指す。2017年度に7200億円、24年度には2兆円のローン実行額を目標にし、売り上げも14年度の130億円程度から24年度には550億円を目標に掲げた。目標達成に向け人員増強も図る。本社とFCで現在1000人を20年3月に2000人体制に引き上げる。店舗網も足元の170店から20年に300店舗に増やす。


公開日: 2015年4月21日