都心ビル賃料、穏やかな上昇続く/三幸エステート


 三幸エステートとニッセイ基礎研究所が共同開発した成約賃料に基づくオフィス賃料インデックスによると、東京都心部に立地するAクラスビル(延べ床面積1万坪以上)の15年第1四半期の1坪当たり賃料は3万1166円で、前期比593円(1・9%)の上昇。3期連続して上昇が続くが、依然として穏やかな上昇ペースにとどまっている。

 空室率は前期比0・8ポイント上昇し4・8%になった。上昇は6期ぶり。国内企業を中心に館内増床や拡張目的による移転需要が顕在化し、オフィス需要は拡大傾向にあるものの、まとまった面積の空室床を抱えたビルが第1四半期に竣工した影響を受けた。

 同社では「A、Bクラスとも賃料対前年変動率が低下傾向。上昇ペースはピークアウトしつつあり、上昇サイクルは終盤の様相を呈している」とする。


公開日: 2015年5月1日