国交省、都道府県に簡易宿所の違反対策の徹底を通知


 国土交通省は18日、簡易宿所の違反対策を徹底するよう、各都道府県に通知した。17日未明に川崎市で発生した簡易宿所の火災を受けて対応したもの。

 火災が発生した簡易宿所は耐火構造が必要となる「3階建て」であるにもかかわらず、川崎市には「木造2階建て」と申請していたなど、違法建築の疑いが指摘されている。

 国交省は各都道府県に、以下の2点について通知した。①消防部局や旅館業法の担当部局と連携し、違法建築の簡易宿所がないか確認し、違反があった場合は適正に是正措置を講ずること。②過去に行った防災査察や定期報告などで指導した事項が是正されていないものや定期報告が未提出であるものに重点を置いて、簡易宿所を対象とした防災査察を実施すること。


公開日: 2015年5月20日