リクルートとマイクロソフト/視覚に訴える物件情報サービス


 リクルート住まいカンパニーと日本マイクロソフトは5月25日、ウェブ上の地図技術を活用した新たな住宅・不動産情報検索サービス「Bing不動産」を開発して提供を始めた。

 マイクロソフトが世界展開している地図のプラットフォーム技術と、SUUMOが保有する住宅・不動産の売買・賃貸の物件情報を統合したことで、消費者の視覚に訴える物件探しを実現した。例えば、コンビニやバス停、駅、郵便局といった物件所在地の周辺にあるさまざまな施設を地図上に配置することで物件周辺の環境を具体的にイメージできる。コンビニから20㍍の物件の所在地が国道を横断した反対車線側なのか、コンビニと物件が同じブロック内に位置しているのかなどを表現する。文字だけでは知りえない情報を提供するのが特徴。

 一般的な絞り込みもできる。価格帯や面積、間取り、最寄り駅からの所要時間など気になる物件のクリッピングのほか、一覧での比較も可能。用途地域や地価公示の情報を地図上に重ね合わせて表示する。今後、周辺地域の平均賃料もマップ上に追加する予定。


公開日: 2015年5月26日