日本シェアハウス・ゲストハウス連盟調べ、44都道府県にシェアハウス広がる


 日本シェアハウス・ゲストハウス連盟(林利明理事長)がまとめた「2014年度版シェアハウス市場調査」によると、ほぼすべての都道府県でシェアハウスが立地し、全国に供給が広がっていることがわかった。

 今回の調査でシェアハウスがゼロだったのは、秋田、和歌山、鹿児島の3県だった。全国のシェアハウスは2804件で、うち約3分の2を占める1901件が東京都内に立地し、そのうち9割以上(1788件)が23区に集中した。


公開日: 2015年6月3日