帝国データバンク調べ上半期倒産件数、建設業は前年同期比2桁減


 帝国データバンクが発表した2015年上半期(1~6月)の企業倒産件数は6年連続で前年同期に比べ減少し、4400件(7.5%減)となり、負債総額は9752億600万円(同8.3%減)だった。

 不動産業は同8.7%減(136件)。建設業は北陸新幹線、九州新幹線をはじめとした民間設備投資需要がけん引役となり、同15.0%減(802件)と2桁減を記録。09年下半期以降、12期連続で減少した。


公開日: 2015年7月8日