東京都住宅政策審議会、強制力伴うマンション管理の実態把握などマンション施策で答申案


 東京都住宅政策審議会は6日、マンション施策の新たな展開についての答申素案をとりまとめた。

 管理不全やその兆候があるマンションを把握するため、強制力を伴う新たな条例を制定し、行政に管理状況を定期的に報告する制度や、老朽化マンションが集積する地域でまちづくりと一体的な再生を促す「マンション再生まちづくり制度(仮称)」の創設などを盛り込んだ。

 審議会での意見を素案に反映させた後、13日からパブリックコメントを募集。9月中に都に答申する。


公開日: 2015年7月9日