国交省、中古住宅流通活性化に向け高齢者向け相談窓口事業を助成


 国土交通省は、中古住宅流通を活性化させるために、所有する持ち家などを有効活用したい高齢者やその家族を対象にした相談窓口事業に対して助成を始める。

 持ち家率が高く、次のライフスタイルへの移行を図るアクティブシニアをメーンターゲットに、持ち家を売却・賃貸などで中古住宅市場に流通させる仕組みをつくることが目的。相談業務は、おもにファイナンシャルプランナーが担当し、税理士や弁護士などによる専門的な相談にも応じられる体制整備を求める。すでに事業者の応募は終了しており、7月中に数社程度を選ぶ予定。


公開日: 2015年7月16日