ネクスト/独自算出の中古マンションの参考価格を10月一般公開


 不動産・住宅情報サイト「HOME’S」を運営するネクストは、物件価格のデータベースと参考価格を試算する独自システムを開発した。10月から地図上で物件参考価格が一覧できる「HOME’S不動産価格まるみえマップ(仮称)」を首都圏の中古マンションを対象に一般公開する。順次、対象エリアや賃貸アパートなど物件の種類を拡大する。
 参考価格は、同サイトに掲載している中古物件の募集情報などをもとに算出する。物件数は6月平均で全国約515万件に上る。自宅を売却したいと思い立ったときや、自宅以外に気になる物件があった際にいつでもどこからでも調べることが可能だ。日本初のサービスとなる。
 米国には大手情報サービス会社が物件の過去の取引価格や参考価格をウェブ上で一般公開する仕組みがあるという。


公開日: 2015年8月11日