「ブルーハーバータワーみなとみらい」1期184戸即日完売/近鉄不動産、三井不動産レジデンシャル


 近鉄不動産と三井不動産レジデンシャルが横浜のみなとみらい21地区の最後の住宅街区に開発中の分譲マンション「ブルーハーバータワーみなとみらい」(総戸数355戸)の第1期184戸が最高22倍、平均3.1倍で即日完売した。

 今年2月の資料請求開始から6700件の問い合わせと約2300組のモデルルーム来場者を集めた。みなとみらい21地区で唯一のオーシャンフロントとなる希少性、横浜駅1キロ圏の利便性、商業施設やホテルなどとの複合開発による利便性向上期待、免震構造、設備使用などが評価を集めた。登録者は40~50代が中心。横浜市西区、神奈川区、中区の居住者で全体の約56%を占めた。80%が持ち家で、54%が買い増しだった。


公開日: 2015年8月11日