全日東京/第二会館開設へ候補物件募集、約10億円で新宿駅10分圏希望


 全日本不動産協会東京都本部(中村裕昌本部長)は、「全日東京第二会館(仮称)」の候補物件を公募する。会員・非会員を問わず幅広く募る。8月20日から開始しており、9月30日の16時まで受け付ける。応募方法は持参か、Eメールでの送信に限る。ファクスは受け付けない。

 候補地はJR新宿駅から概ね徒歩10分以内。都庁に近く会員の利便性を考慮してエリアを決めた。敷地面積50坪程度の土地付き建物で10億円前後の予算を組んでいる。応募のあった候補の中から、築年数や建築条件、建物利用状況、周辺環境などを総合的に判断して選定する。建物は原則、新耐震基準に適合していること。土地だけの場合は、取得後に会館を建設する。

 第二会館は、新規会員の獲得や既存会員の利便性向上に向けて現在開設している新宿窓口の機能を拡充するととともに、公益事業の活動拠点として利用する。協会の会議などでも使用する。

 応募の採否の結果については、書面またはメールで申込者全員に通知する。不採用の場合の提出書類は返却する。期間中に候補物件が得られなかったときには再度募集を行うこともある。

 受け付け詳細は次の通り。
▽持参受け付け(要事前連絡)=千代田区平河町1-8-13全日東京会館3階。電話03・3261・1010、大江・三浦・田渕まで。
▽メール受け付け=koubo@tokyo.zennichi.or.jp(件名は「公募物件」とする)
▽必要書類=①物件概要書②登記事項証明書③公図④地積測量図またはその他の地形図⑤建物がある場合は各階の平面図⑥住宅地図。※このほか、同本部が必要とする資料の提出を求められる場合もある。※Eメールで添付書類する場合は、①~⑥の必要書類をすべてPDFファイへ変換する。
▽受付証明書の交付(持参の場合)=受け付けで同一物件の重複があった場合は先着順で対応するため、持参者には受付時間の証明書を発行する。


公開日: 2015年8月21日