スタイルアクト/資産性保つ“首都圏”9月のマンション1位公表


 不動産ビックデータのスタイルアクト(東京都中央区、沖有人社長)は9月1日、マンションの資産性の保たれやすさを確率で示した指数「沖式儲かる確率」の9月の上位物件を公表した。販売中と販売予定のマンションを対象に東京都心、23区南、23区西・北、23区東、東京市部、神奈川北、神奈川南の7エリアを調べた。各エリアの1位物件は次の通り。

【都心】「プレミスト佃二丁目」(売り主・大和ハウス工業)。総戸数153戸。月島駅徒歩3分。2017年2月竣工

【23区南】「シティテラス品川イースト」(同・住友不動産)。同254戸。品川駅バス4分。16年2月竣工

【23区西・北】「THE GRAND MILLENNIA TOWER & SUITE」(同・住友不動産)。同410戸。池袋駅徒歩6分。15年3月竣工

【23区東】「プラウドタワー木場公園」(同・野村不動産)。同204戸。木場駅徒歩7分。17年5月竣工

【東京市部】「オーベルグランディオ吉祥寺Ⅱ」(同・大成有楽不動産)。同284戸。吉祥寺駅バス12分。16年1月竣工

【神奈川北】「シティタワー武蔵小杉」(同・住友不動産)。同800戸。武蔵小杉駅徒歩4分。16年1月竣工

【神奈川南】「マークウィング川崎」(同・名鉄不動産)。同150戸。川崎駅バス13分。15年2月竣工
 
 2~10位までの上位物件は同社が運営するサイト「住まいサーフィン」上で公開する。


公開日: 2015年9月1日