東急リバブル/売り主向けサービス、水回りと内装を無料修繕


 東急リバブルは、マンション売り主向けに「マンション売却プレミアムサポート」を始めた。売却の初動から販売活動中、売却後までそれぞれの段階で生じる売り主の心配ごとに対応するサービスだ。

 売りはじめの段階では、キッチン・バス・洗面・トイレの水回り4点のクリーニングを無料で行う「水回りブライトニング」を提供する。専有面積30平方㍍以上の居住用マンションを対象に清掃大手のダスキンが専用の洗剤・機材で洗浄する。「壁・床リペアリング」としてクロスの剥がれやフローリングの傷などにも専門スタッフが無料修繕する。
 販売中は、引き渡しまでの空き家期間に支払う管理費・修繕積立金の半額を最長6カ月間・10万円を上限に「空き家コストシェアリング」として同社が負担する。売却できたあとには「リバブルあんしん仲介保証」を、売れなかった場合には「リバブル売却保証」が利用できる。

 同社が今年3月に中古マンション売買を経験した人に意識調査をしたところ、売却経験者の多くは、買い主が内見時に壁紙・床などの内装や水回りの傷・汚れをどう評価するかを心配し、とりわけ「水回りをきれいに見せるために念入りに清掃した」との回答が半数に上った。一方、購入経験者も内見や購入時に内装や水回りの状態を重視していることがわかり、売り主の心配と手間を解消するサービスによりスムーズな中古マンション流通につなげる。

 プレミアムサポートの開始に伴い、従来の「リバブル無料建物メンテナンス」を終了した。


公開日: 2015年9月24日