大阪・中之島に55階建て免震タワーマンション/三菱地所レジデンスら


 三菱地所レジデンスと住友商事、京阪電鉄不動産、アサヒプロパティズは3日、大阪市帰宅で開発を進めている免震タワー分譲マンション「ザ・パークハウス中之島タワー」(総戸数894戸)のモデルルームをオープンする。今年2月24日の物件ホームページ開設からこれまでに約3800件の問い合わせがあり、8月22日にスタートした事前案内会には約800組が来場した。

 免震構造マンションとして国内最高層となる地上55階建て。「一時避難エリアの活用による歩行困難者等の避難誘導計画」の建築防災評定を取得し、日本のマンションで始めて火災発生時に非常用エレベーターを利用して避難誘導できる。

 京阪中之島線徒歩2分、JR東西線新福島駅徒歩9分、官民連携によって活発な再開発が続く中之島エリアに立地する。ビジネスや商業、文化などが集積する中ノ島で多様なライフスタイルを享受できる〝プレミアムライフゾーン〟のランドマークとして、住機能を担う。

 住戸は40~148平方㍍の1LDK~3LDK、全84タイプを設けた。上部2層はプレミアムフロアとして、特別仕様住戸を22戸用意する。第1期販売は11月上旬を予定している。


公開日: 2015年10月1日