リノベる/オクトと提携で、リノベ施工現場の支援ツール提供


 中古マンション再生サービスのリノベる(東京都渋谷区、山下智弘社長)は11月4日、リノベーション施工現場の円滑なコミュニケーションを支援する工務店向けの現場管理ツール「nekonote(ネコノテ)」をシステム開発のオクト(東京都渋谷区)と提携して提供を始めた。

 すでにオクトが自社開発しているリフォーム現場ツール「リフォームパッド」をベースにネコノテに応用。一般的にリノベの施工現場では、リフォームに比べて工事の種類が多くて工期も長い。段取りと関係者との調整に多くの時間が費やす。連絡手段も電話やファクス、メールなどが混在しているのが現状であるため、そうした課題を解決して現場のムダを減らし工事品質を上げるのが狙い。

 主な特徴としては、パソコンやスマートフォンを活用するほか、ツール内に資料を保存できる。情報の一元化で資料を探す手間や情報錯綜を防ぐ。機能は今後もアップデイトしていく予定。


公開日: 2015年11月4日