旭化成建材、調査漏れ12件中6件でデータ改ざんを確認


 旭化成建材は24日、国土交通省に12件の調査漏れがあり、調査対象物件は合計で3052件になると報告した。

 追加した12件中6件でデータ流用が確認され、うち集合住宅は京都府の1件だった。

 3052件中データ確認できなかった物件が188件あった。そのうち物件消失などの35件を除いた153件に関しては、データ流用が見つかった物件と同様に安全性確認を実施する。


公開日: 2015年11月24日