規制改革会議、民泊の有識者会議に意見書


 政府の規制改革会議は21日、民泊サービス推進への意見書をまとめ、民泊サービスのあり方検討会に同意見を提示することを決めた。関係省庁での検討のスピードアップや新法制定など抜本的な対応を検討することなどを求める。

 議長を務める岡素之・住友商事相談役は会議後の記者会見で、「現在流行している民泊サービスは現行法で収まらない部分がある」として、民泊のあり方検討会に新法「仮称・宿泊業法」の制定も含めた検討を求めた。
 


公開日: 2015年12月22日