矢野経済研究所/15年住宅リフォーム市場、前年比2.5%減の6.4兆円と推計


 矢野経済研究所は住宅リフォーム市場に関する調査結果をまとめた。それによると、2015年7~9月(第3四半期)の市場規模は1兆6406億円と前年同期に比べて19.3%増えた。10~12月(第4四半期)は1兆9468億円(同11%増)と推計した。7月以降の単月ベースでは5カ月連続で前年同期を上回り、四半期ベースでも2期連続で前年同期比増と増税後の反動減から回復した。いずれも速報値。

 ただ、昨年12月までの1年間の推計として、市場規模は前年比2.5減の6兆4757億円と推計している。

 16年の市場規模は17年4月の消費税再増税の駆け込み需要により、6.7兆~7.2兆円を想定している。


公開日: 2016年3月1日