フラット35金利、約10年間で最大のマイナス幅


 住宅金融支援機構は3月のフラット35の適用金利を発表した。
 
 主力の「21年以上35年以下(融資率9割以下)」の最頻値は、マイナス金利の影響を受け、2006年9月以来のマイナス幅となる前月比マイナス0.23ポイントの1.25%となった。


公開日: 2016年3月2日