ハウスドゥ/空き家対策に本格参入、民泊も視野


 不動産フランチャイズのハウスドゥは4月から空き家ビジネスに本格参入する。空き部屋・空き地・空き家を所有する個人や収益物件の所有者向けに「空き家Do!」サービスを提供し、資産の有効活用の側面から支援する。使われていない空き部屋などの一括借り上げを転貸したり、賃貸仲介・管理を行う。

 同社がリフォーム事業で培ったノウハウを生かす。戸建ての場合はホームインスペクションなどで構造確認を実施したうえで居住者のプライバシーや防犯性、顧客の要望を考慮して必要に応じたリフォーム提案を行う。民泊として対応できる場合はその提案を含めて新たに賃貸物件として積極的に再利用する。


公開日: 2016年3月10日